ガシ履きのコードバンを蘇らせる!!シウマイ流「魂のコードバンケア」徹底解説☆ 

ダイエットを始めてはや2週間

目標のマイナス5キロ達成まであと600グラムと目前に迫ってきましたが

毎日1200kcal以下の食事制限+1時間我流のへんてこな平泳ぎをしていたせいか膝を痛めてしまい

ダイエット休憩→緊張感解けて昼食ラーメン→からの呑み会☆でリバウンド確定コースまっしぐらのシウマイ二等兵です!



さてさて今回は

a0154931_15130396.jpg


向かって右側のガシ履きしたcodovanを、左の状態まで蘇らせるケア方法の徹底解説!


必要な道具はこちら

1クリーナー+汚れ落とし用のザラついたクロス
2適度な柔らかさとコシを併せ持つ馬毛ブラシ
3ツヤ出し成分が豊富に含まれている乳化性クリーム
4伸びの良い固形ワックス
5毛羽立ちを潰すための滑りの良い棒
6柔らかいクロス



072.gifコードバンケアに必要な基礎知識072.gif

毛羽立ちを「綺麗に潰す」には……

コードバンは元々起毛している表面を潰して平にしているので、毛羽立ち部分を潰す必要あり
・キツ目のシューキーパーを入れて履き皺をピンと伸ばして作業する
繊維を引き締めるため、潰す時は強い力を加える
・クリーナーで汚れを落としてから作業する
・ツヤ出し成分が豊富に入っている乳化性クリームで潰す
・潰し作業の時の引っかかりが強い箇所は汚れがたまっているので、多少潰したらクロスで拭き取る
*潰す作業の副次的効果として、シミが消える事がある

コードバンの風合いを残しつつツヤツヤに仕上げるためには……

・円を描くようにして棒で潰す/ブラシをかける
棒でできる限り繊維を引き締める
・仕上げにワックスを全体に指で薄塗りする



042.gif注意点034.gif

・表面の汚れを落とさずに潰そうとすると、繊維が緩んでいるところに汚れを押し込んでしまいシミになる
・履き皺が毛羽立ってしまっている状態で汚れが奥まで浸透してしまうと、黒ずみを除去するのが困難になる
・潰し作業の時に引っかかりが強く棒が滑らない箇所で汚れ拭き取らずに強引に潰すとシミになり易い
・汚れ落としを使わずに(または汚れ落としが甘い状態で)乳化性クリームを使うと、汚れがクリームと反応して硬化してしまい汚くなる。(特にキワや履き皺)





以上の基礎知識と注意点を頭に叩き込んだ上で作業に入ります!




056.gif☆作業工程☆056.gif

1 「汚れ落とし」
・ガシ履きしている状態のコードバンは表面上に汚れが多く付着しているので
キツ目のシューキーパーを入れ、履き皺がしっかり伸びている状態で埃を入念に払う。
・埃を払った後はクリーナーをクロスにつけて汚れを落とす。


2「潰し」
・ツヤ出し成分が豊富に入っている固めの乳化性クリームをペネトレイトブラシで全体に刷り込み
それを潤滑油にして硬い棒で円を描くようにして毛羽立ちを潰す
・毛羽立ちを潰し終えたら馬毛ブラシで全体をブラッシング



3 「仕上げ」
伸びの良いワックスを指で円を描くようにして全体に刷り込み、馬毛ブラシでブラッシング
・馬毛ブラシで引っ掻いたワックスの線傷が残る場合は、水1滴を柔らかいクロスに取り
全体を円を描くようにして乾拭き




それでは順を追って説明致します!



BEFORE

a0154931_11295162.jpg

1「汚れ落とし」

履き皺がしっかり伸びていないとケアのクオリティがガクンと落ちるのできつめのシューキーパーを入れ
画像のように指で奥までキーパーをグッと押し込んでから馬毛ブラシでブラッシング

a0154931_11321683.jpg
腕毛の毛量…

クリーナー(ステインリムーバー)をザラついたクロス(リムーバークロス)に取り
汚れを吸い上げるために全体の汚れ落とし
*雨染みがひどい場合はクリーナーで革がしめっているうちに硬い棒(アビィレザースティック)でシミを散らします
(取れないシミももちろんあるので、改善の兆しがなければ早いこと諦めるのが吉)
a0154931_12143353.jpg
a0154931_12183526.jpg
a0154931_12184316.jpg


2「潰し」


・乳化性クリーム(ビーズリッチクリーム)をペネトレイトブラシで全体に刷り込み
馬毛(平野ブラシ馬毛)で軽くブラッシング
浸透させたクリームを潤滑油にして硬い棒で円を描くようにして毛羽立ちを潰します
a0154931_12274667.jpg
a0154931_12294173.jpg
a0154931_12301112.jpg
毛羽立ちを潰し終え、馬毛で全体をブラッシングするとこのような感じに
a0154931_12390233.jpg


a0154931_12453662.jpg


3 「仕上げ」


伸びの良いワックス(トラディショナルワックス)を指の温度で溶かしながら全体に馴染ませ
a0154931_12490396.jpg
a0154931_12491858.jpg
「曇り取り&ツヤ出し」のために馬毛で全体をブラッシング
a0154931_12492880.jpg
馬毛ブラシによるワックスの引っ掻き傷が残る場合は、水1滴を柔らかいクロスに取り
全体を円を描くようにしてワックスを均します
a0154931_12553004.jpg

以上で作業終了☆


AFTER

a0154931_12571712.jpg
a0154931_12572832.jpg


「潰し」の作業でしっかりと繊維を引き締めないことには画像にようなツヤ感はでないので
是非作業工程を参考にチャレンジしてみてください!!



Before
a0154931_12580454.jpg


After


a0154931_12581544.jpg




071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif





日本橋三越本館2階リペア工房
直通電話
               
03-6225-2078
おかけ間違いのないよう、よろしくお願いいたします

※当リペア工房では鞄やバックのクリーニング・ケア・修理は
お承りしておりません。

by repairnihonbashi | 2015-08-06 18:30 | 靴のお手入れ

東京の中心地、日本橋(三越本店紳士靴売場内) 靴修理(メンズ、レディス)・靴のお手入れ工房です。


by repairnihonbashi